美容

コンシダーマル 口コミ活きた感想でわかった人気のヒミツはコレだ!

コンシダーマルは使った方の生の感想、口コミで広がったオールインワン化粧品。

クリームタイプが多いオールインワン化粧品の中でも珍しいローションタイプというの使いやすいという感想が多く、評価も高いようですね。

さらに具体的な口コミからその人気のヒミツに迫ってみたいと思います。

コンシダーマルの詳細はコチラ!

コンシダーマルの口コミ、生の感想は?

コンシダーマルを実際に使った方の口コミ、生の感想からです。

良い口コミだけでなく、ちょっと残念な悪口コミもちゃんと見ておきましょう。

※あくまで個人の感想です。

悪い口コミ

「1ヶ月使いました。私にはいまいちかな」

「使用して1ヶ月の肌に、特に変化はなしです」

「思った以上にサラッとしていて、私にはちょっと物足りないです」

1ヶ月で結論出すのはちょっと早い感じもしますが、そうお感じになったとのことですので、仕方ありませんね。

良い口コミ

「オールインワンということで潤いはあまり期待してませんでしたが、意外としっかりとした仕上がり。プッシュで出てくるのも手軽でいいです。」

「オールインワンでエイジングケアまでこれ1本でできるのがうれしい。肌によく馴染み、すっと浸透してぷるぷるです。塗ってすぐ肌が白く感じるし、ベタつくこともないので気持ちいい!」

「最初は容器が小さいなぁと思いましたが、しっかり伸びて浸透性にビックリ。」

「無香料なので、妊娠中で育児中の私にはうれしいオールインワンです」

やはり、ジェルタイプやクリームタイプが多いオールインワンの中で、ローションタイプというのがポイントのようですね。

使いやすさと、浸透の良さは多くの方が感じているようです。

ただし、やっぱりその感じ方も個人差がありますし、残念ながらすべての人を満足させることは難しそうです。

とは言え、アットコスメさんでは5.4という評価で、悪い口コミは本当に少ししかありませんでした。

今なら返金保証付きのキャンペーンもやっているようですから、実際にご自身の肌で感じてみてはいかがでしょうか?

返 金保証付きのキャンペーンはコチラ!

コンシダーマルの成分は

コンシダーマルは月2万件の問い合わせがあったというほど注目の次世代型オールインワン化粧品。やはり、まずはその成分が気になるところです。

どんなものが配合されているのでしょうか。

BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ベタイン、DPG、トレハロース、ステアリン酸グリセリル、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド1、セラミドNG、セラミドNP、スクワラン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA-Na、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na、塩化マグネシウム、塩化カルシウム、シア脂、ホホバ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベヘン酸、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ステアリルアルコール、べへネス30、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル)クロスポリマー、PPG-6デシルテトラデセス30、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、ステアロイルグルタミン酸2Na、ビサボロール、ポリεリシン、マンニトール

と、羅列されてもわかりませんよね。

これは化粧品などの製造販売の際に、こういった成分表示が法律で義務付けられているので結局は消費者のためなんですが、それほど専門知識を持っている人も多くはないと思いますので、ポイントとなるところだけをちょっとピックアップしてみましょう。

注目の新成分とは

肌はら失われがちな潤いを取り戻すために配合されているのが、肌成分としての、
・スクワラン(=皮脂)
・セラミド(=細胞間脂質)
・アミノ酸、ミネラル(=NMF)
・コラーゲン、ヒアルロン酸(=真皮構成成分)

そして、保湿や肌を整える美容成分として
・プラセンタエキス(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液が、
さらにノーベル賞受賞の新成分”EGF(上皮成長因子)”は健やかな肌環境のために配合されているとのこと。

だから、「洗顔後はこれだけ」でOKなんですね。
人気のヒミツはココにもあるようです。

取り扱っている店舗

コンシダーマルの良さは、口コミや成分などからわかっていただけたのではないかと思いますが、どこで買えるのでしょうか。

取り扱っている店舗、購入できるショップについてのご紹介です。

調べてみると、このコンシダーマルは通販限定の商品とのことで、ドラッグストアや薬局、ドン・キホーテなどのディスカウントショップなどでは販売されていません。

もし、店頭に並んでいたとしたら、それはよく似た類似品かどこの誰が作ったからわからないようなバッタモン(=偽物)の可能性が高いですから、たとえ安く売っていたとしても買ってはいけません。

それでも良いというというなら別ですけど、肌に直接塗るものですから、安全性やヘンな副作用などがあったら困りますからね。

販売元の公式直販サイトの他には、楽天市場とヤフーショッピングに取り扱いショップがありますが、あのアマゾンでは販売されていませんでした。

楽天とヤフーショッピングでも購入可能ですけど、どちらもオフィシャルショップではありませんし、価格をみてみると公式サイトのほうが安く買えるようです。

また、人気のプレミアムコースでは初回約59%オフの2,268円になり、なんと90日間返金保証があるので合うかどうか心配という方にもリスク無しで試せますよね。

他にもうるおい実感定期便スタンダードコースでは初回約38%オフの3,456円となりますので、いずれにせよ楽天やヤフーショッピングなどより、公式サイトからの購入が安心安全でお得ということですね。

解約について

コンシダーマルは定期購入がお得というのはすでにご紹介したところです。

定期コースで気になる点というと、”解約”についてという方が多いのではないでしょうか。

定期購入というと、たいてい毎月決まった日に自動的に届けてくれるようになっていて、多くの場合最低継続期間というのが決まっています。

いわゆる”シバリ”ですね。

そして、その最低継続期間内に解約してしまうと、違約金が発生してしまうというケースがあるので、このコンシダーマルでもそういったシバリがあるのか、違約金などが発生しないのかということも知りたくなるのは当然です。

事実、コンシダーマルというキーワードを調べると、”解約”という単語も一緒に検索されていることがわかります。

プレミアムコースについてみてみると最低継続期間は3ヶ月、つまり3回は購入しないといけないことになっています。

それ以降、4回目からは解約ができるようです。

プレミアムコースのように安くなったり返金保証などの特典のない定期コース、スタンダードコースなら1回限りの購入だけでも中止、解約が可能となっています。

どんなものでも数ヶ月くらいは使ってみないとその効果はわからないものですから、どうせならプレミアムコースを申し込んだほうが結局はお得のようですね。

詳しくは公式サイトでご確認ください。

コンシダーマル公式サイトはコチラ!

「コンシダーマル解約苦情」って何?

コンシダーマルの解約についてはご紹介したとおりです。

ところで、コンシダーマルについて検索すると、”解約”と同じように”解約苦情”なんて単語も検索されているようなんです。

気になりますよねえ、解約苦情なんて。

定期コースの解約で苦情が殺到しているんでしょうか?

実際に多くのブログなどでこのキーワードの記事がアップされていたりします。

そしてそれらのサイトをよく読んでみると、実はコンシダーマルの解約についての苦情なんてない、ということのようでした。

解約、苦情なんてキーワードがあると、それが気になってしまう方が多くなって、特にそういう事実はないのに検索されてアクセスが多くなり、さらに検索する人が増えてしまうという、検索エンジンの仕組みのせいのようなんです。

ウワサがウワサを呼んで、どんどん尾ひれが付いて大きくなっていくようなものです。

これは人間のちょっとネガティブなことが気になってしまうという影の部分と検索エンジンの評価のシステムが生み出したものなので、今のところはどうしようもないようです。

実際にないものが、あるようになるというものはどうなんでしょうか。

いずれにせよ、コンシダーマルについては解約に伴う苦情なんてないということだけははっきりしていますのでご安心を。

-美容

© 2020 ちょっと上を目指す女子の美容・ファッション情報