カラコン

エバーカラーワンデーは危険なの?人気のカラコンの安全性は?

沢尻エリカさんがイメージキャラクターを務めるカラコン、エバーカラーワンデーがとっても人気となっています。でもネットでは「危険」という声もあるようなんですね。

カラコンは瞳に直接触れるものですから危険だとか安全性に疑問があったりしたら嫌ですし、とても心配です。

けれど、「エバーカラーワンデーだけが危険」なんて根拠はありませんよ!

正しい使用法さえ守っていれば。

エバーカラーワンデーナチュラルの詳細はコチラ

 

エバーカラーワンデーは危険?

エバーカラーワンデーが危険だとしたら、怖いですね。日本最大級のネットショッピングモールである、楽天市場では長い間ランキング上位に入っていいます。

つまりそれだけ売れ続けていて、購入して使用している人がものすごい数にのぼるということになります。

実際の数(人数)はわかりませんが、数十人、数百人とかというレベルなんかじゃないことは確かでしょう。

それだけの人数が、危険なカラコンを使っていたとしたら相当の数の健康被害の報告があって、大きな社会問題になっていてもおかしくないと思うのですが、少なくともこの記事を作成している時点ではそんな報道はありませんね。

いろいろ調べてみると、数年前にコスプレなどでカラコンを使用する機会が多い、コスプレイヤーたちの間で安全性に問題があるなどの理由で注意すべきカラコンのリストというのが出回ったことがあり、そのことを元に、「カラコン=危険」というイメージが独り歩きして、カラコンの一つであるエバーカラーワンデーにも”危険(なんじゃないの?)”という確証のない都市伝説的な印象が広まったもののようなんです。

一部には消費者セターなどから問題のあるカラコンとして指導を受けたなんていう情報もあるようですけど、そのような事実は確認できませんでした。

エバーカラーワンデーだけでなく、カラコンそのものの安全性における心配な点としては、着色が剥がれるなどして瞳にひっついてしまうってことが考えられますが、こういった可能性としてはどんなカラコンにも当てはまるものであり、エバーカラーワンデーが危険なんてことにはなりません。

なお、エバーカラーワンデーは色素が直接触れない「ラップインテクノロジー」という製法で作られているのでそもそもその危険性すらありません。

-カラコン

© 2020 ちょっと上を目指す女子の美容・ファッション情報